[北海道・札幌市] ライフプランの作成・家計アドバイス、ブライダルのご提案、ご家庭のイベント毎の写真撮影までをトータルサポート。起業支援も行っております。

Mクリニック

 

メディア掲載情報

お金のプロの家計診断                       スコブルvol.5より

Mさん 子どもの教育費を無理なく貯めるには?
小川 住宅ローンと保険を見直しましょう


Mさん
子どもが4人、上から高2、中2、小5、小3です。心配なのは、やっぱり教育費。将来に備えて貯金したいのですが。
小川
3番目のお子様が大学に進学される8年後が山場ですね。教育費の負担が今より200万円以上増える年が3年続けてやってきます。
Mさん
はー、どうすればいいでしょう?
小川
住宅ローンを借り換えてはいかがでしょう?現在の住宅ローンの残22年を、可能であれば25年の返済に延ばしてみては。
Mさん
延ばすと多く払うことになりませんか?
小川
確かにそのまま延ばしたのでは返済総額は増えます。しかし、2.7%から2%に金利が下がれば期間を3年延ばしても総額では80万円(手数料によって変動あり)ほど安くなるんです。
Mさん
ホントですか? 目からウロコです!
小川
住宅ローンの月々の支払いは5万8000円から4万2000円になり、1万6000円安くなります。これを貯金に回せば、年間19万2000円、5年で100万円近く貯められます。
Mさん
それは大きいですね。
小川
あとご主人様の生命保険が月々5万4000円。これでは負担が大きいですね。
Mさん
そうなんです。
小川
今の必要保障額でしたら1万5000円くらいまでは減らせられそうです。そうなれば月々4万円近く余裕が生まれますね。
Mさん
年間50万円近く、5年で250万円! 主人のお小遣いをちょっとアップしてあげてもいいくらいですね。
小川
一度ご主人と話し合ってみてください。必要であれば、私からもご説明しますよ。